10/8~12に開催されたUbiComp(http://ubicomp.org/ubicomp2018/)に参加しました。

UbiCompはコンピュータ技術のユビキタス化と普及に関する技術の国際学会です。

Suntec Cityというショッピングモールが併設された会議場で開催されました。


私たちは最終日に開かれるHASCAワークショップ(http://hasca2018.hasc.jp/)内のSHL challenge(http://www.shl-dataset.org/activity-recognition-ch...)という行動認識のコンペティションに応募し、ポスターセッションを行いました。


5日間の学会の様子について私yutaとM1のhitoshiの2人でこれからレポートしたいと思います!


10/8 hitoshi


初日はworkshopが開催されており、私はUbiactivity 2018 International Workshop on Integrating Physical Activity and Health Aspects in Everyday Mobility というワークショップに参加しました。

このワークショップでは人々がこれからの社会で健康的な生活を送れるようにするために様々な手法が議論されていました。

全員が参加する形式で私も日本の社会の現状について説明したり日本人の健康に対する意識について質問される中で、英語力をもっと向上させる必要があることを痛感しました。

二日目以降も積極的に参加していこうと思います。



10/9~10/11 yuta&hitoshi



Ubicomp2日目からはいよいよメインカンファレンスです。

初日のワークショップに増してたくさんの方が参加されていました。


開会式の様子です。


メインカンファレンスではユビキタス化に向けたウェアラブル端末やスマートフォンの活用など様々な分野の発表が行われました。


ポスター、デモセッションもありこちらは多くの日本人の方も発表を行なっていました!


3日目の夜にはBanquetがあり、優秀な論文、ポスターの表彰と来年のUbicompの場所がアナウンスされました。

来年はロンドンで開催されるそうです!




10/12 yuta&hitoshi


最終日には私たちの参加したHASCAワークショップが開催されました。

ワークショップでは行動認識についての発表が行われ、発表者の研究についてディスカッションが行われました。

私たちはHASCA内のSussex Huawei Locomotion Dataset Challenge(SHL Challenge)に参加しポスター発表を行いました。(http://www.shl-dataset.org/activity-recognition-ch...)

私yutaとhitoshiは初めての国際学会ということもありとても緊張しましたが英語で発表をするというとても良い経験ができました!

19チームの応募がありyuta&nozakiチームは9位、hitoshi&vranoチームは7位という結果でした。

両チーム共アプローチはそこまで悪くなかったようなので少々残念な結果となってしまいました。

来年以降の開催も前向きに検討しているようなのでぜひ参加して今年以上の成績を収めたいです!